側弯症を治す会のその他ページをお伝えしております。

その他ページについて


側弯症の種類について

側弯症にはいくつかの種類があり、脊椎のどこかに現れるカーブが特徴ですが、特にこのカーブができやすい部位があります。

まず胸椎型は特発性側弯症でも最も多いパターンですが、右側にカーブしていることが多く、また肋骨がねじれているため見つけやすいと言われています。

そして胸椎・腰椎型の場合はカーブが長めです。胸椎方よりも目立ちませんが、やはり見た目でも目立つほうです。また腰椎型は下方に現れます。

胸椎とは違って左にカーブしている例が多く、あまり目立たない種類のものといえます。最後にカーブが2つあるものもありますが、どちらもカーブ同士でバランスを取り合うためにもっとも目立ちにくいタイプです。

カーブの場所ではなく、側弯症の原因から分けた場合は、まず特発性、約8割がこの種類に属し、原因がまだ明らかにされていません。他には先天性などの種類のものがありますが、母親のお腹の中にいる時からすでに発生しているケースです。

カーブ自体は進行することはないですが、治療が必要なケースもあります。他には筋ジストロフィーや脳性の麻痺、マルファン症候群、脊髄腫瘍、交通事故などが主な原因です。

またカーブの度合いもそれぞれですが、10度くらいから25度くらいまでは軽度、80度を越えると高度なレベルと判断されます。

側弯症にも色々な種類がありますが、もちろん全て早めの診断と治療は基本です。高度になればほとんど手術ですが、矯正をしてもなかなか治りにくいのがこの病気の特徴です。

4000人の側弯症を改善した
福辻式治療法はこちらから