側弯症の専門医と言えるのはこの先生以外ありえません。

専門医について

胸椎の側弯症の場合、肋骨にも影響がある場合が多いため発見はしやすいですが、腰椎の場合は背中から見た時に変形が分かりにくく、普段の入浴時のチェックなどでも見落としてしまいがちです。

やはり早期発見のためには専門医による診断が不可欠ですが、たとえば検診でも実施内容は都道府県によって異なります。

側弯症は20度くらいの曲りでも外見から判断は可能です。しかし一般の方の場合は、30度程度まで曲がらないと分からないと思います。

まず、側弯症と診断をされたら専門機関で検査を受けることが大事です。そして、側弯症を発症した原因をしっかりと把握することが大事です。

その上で必要な処置を専門医にしてもらうことです。一般に背骨の曲りが40度から50度を超えたら手術が必要と言われますが、手術が必要となれば名医に執刀してもらいたいと考えるのが常です。

それ以下であれば、保存療法で改善していくことが十分に可能ですし、早期発見であれば完治させることも可能です。

もしあなたが、早期に側弯症を完治したいと考えているのであれば、側弯症の専門医である福辻鋭記先生の治療法を実践されることを強くお薦め致します。

実際、福辻先生の治療法で延べ4000人以上の方が短期間で側弯症を改善しております。

ですので、あなたの側弯症も福辻先生の治療を行なえば早期に改善することができます。

詳しい詳細は下記よりご覧になることができますので、側弯症を1日も早く改善したいと考えているのであれば、今すぐ福辻先生の治療法を実践されてください。