側弯症の予防はあるコツを掴めば簡単です。

予防について

側弯症は遺伝的に発症することが多い病気とされていますが、子供の発症を予防することは出来るのでしょうか。

親、兄弟に側弯症がある場合はやはり気になることですが、側弯症の原因として明確なものはまだ明らかにはされていません。

しかし、家族内に発症する理由として食生活、生活様式、つまり環境の素因が隠れている可能性があります。また、側弯症を予防するには適度な運動が大切です。勉強ばかりでスポーツが身にならない子供は、将来側弯症になる可能性が高まります。

側弯症にならないようにするには、腹部や背部など体幹の筋肉を鍛える必要があります。筋肉が弱ければ骨を支えることができず、長年の積み重ねで徐々に骨が曲がってしまい、側弯症を発症してしまうケースも多々あります。

側弯症は10代前半の女子、初潮期にかかる時期に多く見られます。つまり女性ホルモンの異常に関連している可能性もあり、痩せている子供にも多いため、筋肉に何らかの異常がある可能性も否定はできません。

また、側弯症の子供は共通して骨の密度が希薄です。つまり骨粗鬆症になる確率も高いです。遺伝、食生活、ホルモン、筋肉の問題など、たくさんの問題が重なって側弯症は発症すると考えられていますが、一度発症するとなかなか元には戻りません。

側弯症は常日頃からチェックしていくことが大切です。保護者は子供と一緒にお風呂に入る機会が多いため、お風呂で気付くことが多いそうです。他には学校の健康診断などもあります。

ですが、歪みがあっても子供の異常に気づかなかった、という例も多くあります。急に背骨が曲がっているからといって、病院に連れて行くようなことにならないように、ご両親は定期的に子供の背骨をチェックすることを怠らないようにしてください。

側弯症を予防するには常日頃からのチェックにかかっているとも言えます。もし、あなた自身やお子様の側弯症で悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている福辻式治療法を実践してください。

この方法で延べ4000人以上の方が短期間で側弯症を改善しております。福辻式治療法を実践していただければ、きっとあなたが悩まれている側弯症は早期に改善されると思います。詳細は以下より確認することができますので、今すぐご覧になることをお薦め致します。