側弯症の痛みの有無についてお伝えしています。

痛みについて

側弯症で悩んでいる方は、症状として痛みはほとんど無いにも関わらず、胸部が圧迫されるような痛みを訴える方がいます。

これは、早期発見できずに症状が進行してしまったケースですが、このような状態だとすぐに対処することはできません。

コルセットを装着したり、基本的な治療を徐々に試行していくことは可能ですが、なかなか改善には至らない、というケースになります。

背中や胸の痛みの他には腰痛もよくあります。また重度になれば内臓の圧迫も起こり、呼吸困難になったり、心肺機能に障害が起こることもあります。

側弯症で痛む部位としては背中、腰、また股関節が痛むケースが多いです。子供の場合は痛みは伴わないことが多いですが、大人の場合には多くなります。

側弯症だからといって、すべての患者さんが痛みを訴えるわけではありませんが、骨の曲がり方によってはいつ痛みに襲われるかはわかりません。

成長期の側弯症は大人になる前に止まることがほとんどですが、成人後のものでは痛みは出やすく、またバランスの悪さによって疲労がでやすくなったり、肩こり、腰痛などの症状も起こりやすくなります。

また、呼吸がしずらいという症状を訴える人も多くいます。これは成人後の側弯症患者さんに見られるケースがほとんどですが、ストレスによって自律神経が乱れ、精神的な不安定が原因となって、呼吸がしずらくなってしまいます。

側弯症はまず主な原因を絶つことが大切です。遺伝的な要因の中でも生活習慣に関わる部分や、自分で悪化させてしまった部分もあると思います。

側弯症を改善させるには、適度な筋力をつけるために運動をすること、また、ストレッチや体操をしっかりと続けることです。これらの対処によって痛みが憎悪することを防ぎ、また軽減させるためにも効果を発揮します。

もしあなたが側弯症で悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている福辻式治療法を実践してください。この方法で延べ4000人以上の方が早期に側弯症を改善しています。

福辻式治療法の詳細は下記よりご覧になることができますので、今すぐ確認してみてください。きっと、この治療法があなたの側弯症を完治するきっかけになると思います。