側弯症患者さんにマッサージをお薦めしない理由。

マッサージについて

側弯症は子供の時であれば、マッサージ等によって改善する例が少なくありませんが、成人になった場合は、マッサージだけで改善することは難しいものがあります。

また側弯症の方が痛みを我慢しながら仕事をしなければならないとなると、整体やカイロプラクティックなどの施術だけでは、なかなか満足行く結果が得られないことの方が多いです。

このような場合、マッサージを併用する意味は多いにあると言えます。始めは一時的なものかもしれませんが、できるだけ継続してマッサージを受けることも大切です。

例えば、コルセットを日常的に装着しながら生活している方は大勢いますが、側弯症の影響により背中や腰などの筋肉が緊張してしまいがちです。

その部分をマッサージでほぐすことによって、症状が少し楽になったり、自律神経の昂ぶりなどを緩和することが可能です。つまり痛みなどの諸症状を緩和するために役立ちます。

整体院や整骨院でもマッサージを扱っているところは多くありますので、痛みの症状がおさまらなくて悩んでいる患者さんは、病院の治療と並行させることにより、よりよい効果を得ている方は多くいます。

ただ、マッサージだけで側弯症を完治させることは難しいと考えてください。あくまでも、背中や腰などの緊張した筋肉をほぐすことにより、一時的に痛みを緩和する、補助的効果と思ってください。

側弯症を完治させるには、早期発見がもっとも大切です。40度~50度を超えるレベルのカーブがついてしまったものは、マッサージではほとんど効果は期待できません。

また機能的な部分で側弯症にかかってしまったのであれば、民間療法でも高い効果が期待できますが、解剖学的なものは根本改善には無理がありますので、病院で的確な処置・検査を受けることが第一です。

もし、あなたの側弯症が重度でないのであれば、当サイトでお薦めている福辻式治療法で側弯症を完治させることが可能です。

この治療法を開発された福辻鋭記先生は、側弯症治療において30年以上の実績を誇る名医であり、今までに延べ4000人以上の患者さんを完治させた経験を持っています。

もしあなたが、側弯症に長いこと悩んでいるのであれば、福辻式治療法を一度実践してみてください。きっと、この治療法があなたの側弯症を完治させるきっかけになるはずです。