側弯症の原因は日常生活も大きく関わっています。

原因について

原因を解明せよ

側弯症は現時点で分かっている原因もあれば、明確でないものも多く存在します。

例えば機能性の側弯と呼ばれるタイプはほとんどが一時的なもので、姿勢の悪化、足の長さの不均一、神経痛などが影響する側弯症です。

一時的なものとして原因を正せば治る場合もあれば、酷くなれば専門治療が必要になることもあります。そして、機能性のものと対象的なのが先天性のものです。

先天性にも色々な種類がありますが、腰椎に奇形があるような場合も多く、腰椎のあたり、首下等複数個所に側弯が見られるもの、また背部の痛みや脳貧血、息苦しさや足の違和感などもよくある症状です。

側弯症は100人に1人の確率で発症すると言われ、またそのうち思春期に起こるもの、つまり突発的に起こるものが約8割になります。成長期の子供に起こるわけですが、女子は9歳から13歳、男子は13歳から18歳頃がピークになります。

側弯症の原因は多岐に渡り、また1つだけではなく、例えば遺伝、または食習慣、ホルモン異常など様々なものが重なり合って発症します。

また骨のカーブの仕方によっても様々な種類の側弯症が存在します。カーブのある位置にも違いがありますし、場所によってはかなり見た目が変化します。

胸椎タイプがもっとも多いとされますが、右側カーブが多く、肋骨がねじれている様子がよく目立つので発見しやすいといわれています。

胸腰椎タイプはカーブの長さが長いのが特徴です。腰椎タイプは背中の下側に出るものですが、左カーブが多く、他には相互に違う方向へのカーブ、つまりダブルタイプのものもあります。

バランスを取ろうとしているとも言えますが、目立ちにくく、発見も遅れがちです。神経や筋肉の病気、たとえばポリオや筋ジストロフィー、脳性麻痺など、またマルファン症候群や脊髄腫瘍、事故など外傷によって起こる側弯症もあります。

また高度の側弯症になるとカーブが80度以上もあることもあります。ここまでいくと手術を視野に入れる必要がありますが、ほとんどの場合、当サイトで薦めている治療法を実践していただければ側弯症は改善することができます。

その治療法とは福辻式治療法です。実際にこの治療法で延べ4000人以上の方が短期間で側弯症を改善されております。もし、あなたが何をやってもなかなか側弯症が改善されないと悩んでいるのであれば、一度実践されてみてください。

きっとあなたの悩みを解決してくれることは間違いないと思います。詳細は下記より確認することができますので、今すぐチェックすることをお薦め致します。